10万円給付金がもらえない?!注意すべき4つのポイント

あぶそ
あぶそ

こんにちは!SE(システムエンジニア)歴10年のあぶそです!

国から全国民に配布される10万円給付。


そろそろ手元に申請書が届いたという方も多いと思います。


今回はこの申請書に関して注意しておきたい3つのことをお伝えしたいと思います。

この記事を読めば、10万円給付金が比較的早く、確実に受給できるようになります。

この記事はこんな方におすすめ

10万円給付金の概要を知りたい

確実に10万を受け取れる方法を知りたい

10万円給付の概要

新型コロナウイルスへの経済対策の一環として「10万円給付」があります。


これは2020年4月27日を基準日として日本の住民票を有している対象者に10万円を給付するものです。


10万円の支給時期は住んでいる自治体によって異なります。


支給時期や細かな概要については過去に解説していますので、気になる方は以下のリンク先を参考にしてみてください。

10万円給付金はいつもらえるの?

申請時に注意すべき4つのポイント

ポイント1:必ず申請すること

国から10万円給付するとしていますが、この10万円は申請しないともらえません。


1世帯に2枚ずつ配布されるマスク、通称「アベノマスク」は申請しなくても勝手に送られてきますが、10万円給付金は申請制となっています。


オンラインで申請する方法もありますが、基本的には住んでいる自治体から申請用紙が郵送されてくるので、その用紙に必要事項を記載し返送する形になります。


「おじいちゃんおばあちゃんが離れて暮らしている」

「1人暮らしでほとんどポストを確認しない」


なんて方はぜひ注意してください。

ポイント2:辞退者欄にチェックを付けないこと

今回の10万円給付金は希望があれば受け取りを辞退することができるんです。


(ほとんどそんな人いないと思いますが。。)


その時に、申請する用紙には「給付を希望しない」という超紛らわしいチェック欄が存在します。

これを誤って「給付を希望する」と読み間違えてチェックを付けてしまうと10万円が支給されません。


郵送にて申請する方は必ず申請書の文言をチェックしてください。

あぶそ
あぶそ

住んでいる地域によって様式は異なりますが、国からの見本を事前に見ておくと良いですよ。

👆こちらが国の見本になっています。

いかにもチェックを付けたくなるようなところにチェックボックスがついていますが、ここに✔を付けてしまうと「10万円給付金を辞退した」という扱いになってしまうので注意してください。

ポイント3:必要書類を添付すること

郵送にて申請する場合には2つの添付書類も合わせて送付する必要があります。


添付書類をつけ忘れた場合には自治体側の審査にて「審査保留」や「却下」されてしまい、10万円を受け取れない可能性があります。


添付書類を用意するのが面倒くさいかもしれませんが、忘れずに添付するようにしましょう。


事前に手元に準備しておくことで申請書の作成がスムーズにできるようになり、添付忘れの防止にもつながるのであらかじめ準備しておくといいです。


必要な添付書類は以下の2種類となります。

本人確認書類:マイナンバーカード、免許証、パスポート等の写し

口座確認書類:通帳、キャッシュカード等の写し

ポイント4:期限内に申請すること

住んでいる自治体ごとに10万円申請の申請期限が定められていますが、基本的には郵送申請の受付開始から3カ月以内とされています。


申請書が自分の手元に届いてから3カ月以内というわけではないので注意してください。


(よっぽどみなさん申請書が手元に届いたらすぐ申請すると思いますが。。)


この郵送方式の受付開始時期は地域によって異なっているため、一概に「申請期限はいつまで」とお伝えでできません。


お住まいの自治体に問い合わせてみるのが一番早いです。

5月の下旬から上旬に受付開始をする自治体がほとんどなので、少し余裕をもって7月下旬ごろまでに申請しなければならない、ということを覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です