LINE証券で簡単投資デビュー

LINE証券とネオモバ(SBIネオモバイル証券)の違いは?手数料や取扱い銘柄を徹底比較

少額から株を始めてみたいけど、どの証券会社の口座がいいんだろう。

こんなお悩みありませんか?


1株から買える少額投資の代表であるLINE証券ネオモバ(SBIネオモバイル証券)


実際に両方使ってみたうえで、2つの証券口座を徹底比較します。


結論を言うと、どちらの証券口座がおすすめかは人によって答えが違います。


ざっくりは以下のとおり。👇

LINE証券がおすすめな人

・毎月の取引金額が10,000円未満

・メジャー企業の株が売買できればよい

・リアルタイムで取引したい

・セールやキャンペーンが好き

・おすすめの株を買いたい

・LINEポイントで投資したい

・投資信託にも興味あり

ネオモバがおすすめな人

・毎月の取引金額が10,000円以上

・住信SBI銀行の口座を開設済

・マイナー企業の株も売買したい

・IPO銘柄の取引がしたい

・株主優待が目的

・Tポイントで投資したい

・毎月定期購入したい



この記事を読むことでLINE証券かネオモバかどちらで証券口座を開設すればよいかが分かります。

あぶそ
あぶそ

私はSE(システムエンジニア)として約10年間サラリーマンをしています。2年ほど前から資産運用に興味を持ち始め、今では4つの証券会社(LINE証券、楽天証券、SBI証券、SBIネオモバイル証券)で口座を開設し個別株や投資信託の売買を行っています。


LINE証券とネオモバの違い

LINE証券とネオモバの違いは以下のとおりです。

比較項目LINE証券ネオモバ
取引手数料0.2%~1.0%定額制(220円~)
入出金手数料入金:ほぼ無料
出金:220円
入金:住信SBI銀行のみ無料
出金:無料
取扱い銘柄数1,030銘柄3,000銘柄以上
取引可能時間21時までリアル約定1日3回約定
投資信託の取り扱いありなし
IPO銘柄取扱いなしあり
NISA/つみたてNISA取扱いなし取扱いなし
キャンペーン・初株キャンペーン
・株のタイムセール
・アフタヌーンセール 等
なし
使いやすさ(見やすさ)決算検索が◎株主優待検索が◎
配当金/株主優待ありあり
ポイント投資LINEポイントTポイント
定期買付あり(投資信託)あり(個別株)

次から各項目ごとの具体的な比較を見てみます。

取引手数料

LINE証券とネオモバの取引手数料はそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

銘柄がA~Dの4つのグループに分かれて、取引する時間帯によって手数料が設定されています。
(各グループごとの時間帯別の取引手数料は0.2%~1.0%)

ネオモバ

・ネオモバでは取引有無に関わらず、月額のサービス利用料が設定されています。
(※取引がない月でもサービス利用料:220円が必要)

・ネオモバは毎月期間固定Tポイントが200ポイントたまり、そのポイントで投資することも可能です。

あぶそ
あぶそ

LINE証券は売買代金の0.2%~1.0%、ネオモバは定額で220円~5,500円の手数料がそれぞれ発生します。

では実際にどちらがお得なのか。


LINE証券は0.2%の手数料で考えると10,000円の取引で20円の手数料となります。

いっぽうネオモバの場合、220円の手数料でTポイントが200ポイント分貯まるため、実質20円の手数料で50万円まで取引が可能です。


つまり、分岐点は10,000円となり、

  • 毎月10,000円以上の取引がある⇒ネオモバがおすすめ
  • 毎月10,000円未満の取引しかない⇒LINE証券がおすすめ

となります。

ワンポイント

ネオモバは取引がない月でも220円の手数料が発生します。
「取引するかは分からないけど、とりあえず口座作っておこう」という場合にはLINE証券がおすすめです。



入出金手数料

LINE証券とネオモバの入出金手数料はそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

入金

以下の3つの方法によりLINE証券口座への入金が可能。

 ①LINE Payから入金 ⇒ 手数料無料
 ②クイック入金 ⇒ 手数料無料
 ③銀行口座から振込入金 ⇒ 各銀行に応じた振込手数料

出金

220円の出金手数料が発生。

ネオモバ

入金

以下の2つの方法によりネオモバへ入金が可能

①クイック入金 ⇒ 手数料無料(※ただし、住信SBI銀行のみ!)
②銀行口座から振込入金 ⇒ 各銀行に応じた振込手数料

出金

出勤時手数料は無料

あぶそ
あぶそ

入金はLINE証券、出金はネオモバがそれぞれお得だね。

ワンポイント

意外と見落としがちなのが証券口座への入出金時に係る手数料
住信SBI銀行の口座を持っていれば、入金も出金も無料になるのでネオモバがおすすめです。



取扱い銘柄数

LINE証券とネオモバの取扱い銘柄数はそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

1株取引(単元未満株)

A~Dグループに分けられた1030銘柄(株式1015銘柄+ETF15銘柄)が取引可能。

 Aグループ:297銘柄+ETF15銘柄
 Bグループ:499銘柄
 Cグループ:200銘柄
 Dグループ:19銘柄

通常取引

東証約3700銘柄の取引が可能

ネオモバ

1株取引(単元未満株)

東京証券取引所(1部/2部/マザーズ/JASDAQ)上場銘柄が取引可能。(約3000銘柄以上


銘柄数の参考はコチラ👇

JPX 日本取引所グループより引用

通常取引

東証約3700銘柄の取引が可能。

あぶそ
あぶそ

1株取引の取り扱い銘柄数はネオモバの方がかなり豊富!
ただし、LINE証券で取り扱っている銘柄も有名な企業はほぼ押さえているので安心できるよ。

ワンポイント

具体的に購入したい銘柄が決まっている場合は、LINE証券で取り扱いがあるか調べておきましょう。
「マイナーな銘柄も含めて幅広く投資がしたい」場合にはネオモバがおすすめです。



取引可能時間

LINE証券とネオモバの取引可能時間はそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

LINE証券では相対取引によって平日21時まで取引可能

さらに夜間であってもリアルタイムで注文・約定まで行います。

(参考記事)
LINE証券で1株から取引ができるのはなぜ?相対取引についても解説。

ネオモバ

ネオモバは注文はいつでも可能ですが、約定は1日3回

注文時間と約定時間の関係は以下の通りです。

注文時間約定時間
0時~7時当日前場始値
7時~10時30分当日後場始値
10時30分~13時30分当日後場終値
13時30分~24時翌日前場始値
あぶそ
あぶそ

LINE証券の強みはこのリアルタイム取引
やっぱりリアルタイムで売買できるほうが取引してる感じがするよね!

注意

約定時間とは取引が確定する時間のことです。
約定時間が注文時間とずれることで、注文時の株価約定時の株価の乖離が大きくなる可能性があるため注意が必要です。



投資信託の取扱い

LINE証券とネオモバの投資信託の取り扱いはそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

LINE証券のプロの投資家にて厳選された投資信託30銘柄が取引可能。

100円からの少額投資もOKです。

(参考記事)
LINE証券で取引可能な投資信託30銘柄を一挙紹介!

ネオモバ

投資信託の取り扱いなし。

あぶそ
あぶそ

少額投資の1つでもある投資信託
投資信託の購入も考えている場合はLINE証券一択です。

ワンポイント

「1株取引でどの銘柄を買えばいいか分からない」という方は、投資信託から始めてみるのがおすすめです。

LINE証券では、低コストで人気の「eMAXIS Slim」シリーズの投資信託も購入できます。



IPO銘柄の取扱い

LINE証券とネオモバのIPO銘柄の取り扱いはそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

IPO銘柄の取扱いなし。

ネオモバ

通常は100株単位での申込が必要となりますが、ネオモバはひとかぶからIPOの申込を行うことが可能です。

また優遇枠として「若年優遇」や「取引継続優遇」などユニークな配分方法があるので、投資資金が少ない20代、30代の方にもチャンスあり!

あぶそ
あぶそ

多くの投資家から人気のあるIPO銘柄。
IPO銘柄の購入を考えている場合はネオモバのほうが良さそう!



NISA/つみたてNISAの取扱い

LINE証券とネオモバではNISA/つみたてNISAには対応していません


NISA目当てで証券口座を開設する場合には楽天証券やSBI証券など別の証券会社を選択しましょう。

あぶそ
あぶそ

NISAの対応は今後に期待しましょう。


キャンペーン

LINE証券とネオモバのIPO銘柄の取り扱いはそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

「初株チャンスキャンペーン」、「アフタヌーンセール」、「株のタイムセール」などユニークなキャンペーンを多数開催。

<初株チャンスキャンペーン>
 口座を開設して簡単なクイズに答えるだけで3000円相当の株をゲット!

<アフタヌーンセール>
 1株取引の手数料が何度でも無料に!

<株のタイムセール>
 人気株が通常株価の3%OFF~7%OFFの価格で購入できる参加必須なキャンペーン!

LINE証券の最新キャンペーンをチェック

ネオモバ

キャンペーンは特になし。

あぶそ
あぶそ

LINE証券はとにかくキャンペーンが多いのでおすすめです!
特に「株のタイムセール」は通常株価より3%~7%OFFで買える超お得なセールです

(参考記事)
LINE証券の「株のタイムセール」とは?気になる疑問を徹底解説!


使いやすさ

LINE証券とネオモバの画面の使いやすさはそれぞれ以下のとおり。

メモ

使いやすさの指標として、銘柄検索方法トップページの見やすさで比較します。

LINE証券

銘柄検索方法

LINE証券の銘柄検索方法は主に以下の3つ。

①直接銘柄指定
「銘柄名」や「銘柄コード」を直接指定して検索します。

②カテゴリー検索
LINE証券が独自に設定している全21のカテゴリーから検索することができます。

あぶそ
あぶそ

何を買えばいいか分からない」という時にはこのカテゴリーから検索してみるのがおすすめです。

・前日比値動きランキング

・1株3000円以下で買える

・お気に入りが多い

・好業績予想

・割安ランキング

・株主優待から選ぶ

・高配当利回り

・買い予想上昇

・売り予想上昇

・売買代金急増ランキング

・出来高ランキング

・上方修正見込み

・連続増配

・業種から探す

・投資信託一覧

・テーマから探す

・売買代金ランキング

・ストップ安

・ストップ高

・連続最高益

・ETF一覧

・REIT一覧

・指数一覧


③決算日検索
カレンダーから日付を選択することで、その日に決算が発表される銘柄を検索することができます。

あぶそ
あぶそ

LINE証券の決算カレンダーは決算区分(1Q、2Q、3Q、本決算)が選択できて、かなり使い勝手がいいよ!

トップページ

LINE証券のトップページは以下の画面構成となっています。(タップで拡大)

LINE証券トップページ
あぶそ
あぶそ

必要な情報がシンプルにまとまっていてかなり見やすいイメージです。

ネオモバ

銘柄検索方法

ネオモバの銘柄検索方法は以下の2つ。

①直接銘柄指定
「銘柄名」や「銘柄コード」を直接指定して検索します。

②株主優待検索
カレンダーから月を選択することで、その月に権利確定される優待銘柄を検索することができます。

あぶそ
あぶそ

優待カレンダーは携帯からでも見やすくてかなり使い勝手がいいよ!

トップページ

ネオモバのトップページは以下の画面構成となっています。(タップで拡大)

あぶそ
あぶそ

SBIの他サービス(FX、ネオW等)への広告が多く、トップページとしては少し見づらい印象です。

あぶそ
あぶそ

LINE証券のほうが全体的に使い勝手が良かったです。
ただし、株主優待銘柄を調べるときはネオモバの方が使いやすいね。


配当金/株主優待

LINE証券とネオモバはどちらでも配当金/株主優待を受け取ることが可能です。

あぶそ
あぶそ

1株の少額投資であっても配当金や株主優待がしっかりもらえるのは嬉しいよね!


ポイント投資

LINE証券とネオモバの投資に利用できるポイントはそれぞれ以下のとおり。

LINE証券

LINEポイントを使って投資することが可能。

(参考記事)
LINEポイントをお得に現金化する方法

ネオモバ

Tポイントを使って投資することが可能。

あぶそ
あぶそ

LINE証券ではLINEポイント、ネオモバではTポイントが利用可能です。
LINE Payクレジットカードを使えば、クレカ決済でいつでもLINEポイントが2%還元されるからすぐにポイント貯めるよ!


定期購入

LINE証券とネオモバの定期購入対応有無はそれぞれ以下のとおり。

メモ

定期購入とは、毎月「決まった金額」を定期的に自動購入する設定のこと。
毎月購入するため、高値掴みのリスクが少なく、平均的な取得単価で株式を保有できるのがメリット。

LINE証券

投資信託を定期購入可能。

ネオモバ

個別株(1株)を定期購入可能。

あぶそ
あぶそ

投資信託を定期購入するならLINE証券、個別株やETFを定期購入するならネオモバがおすすめだよ


LINE証券とネオモバはどっちがおすすめ?

今回の記事ではLINE証券とネオモバの違いを見てきました。

どちらの証券口座でもメリット/デメリットがあり、どちらの証券口座がおすすめかは人によって異なります

ざっくりは以下を参考に検討してみてください。

比較項目LINE証券ネオモバ
取引手数料0.2%~1.0%定額制(220円~)
入出金手数料入金:ほぼ無料
出金:220円
入金:住信SBI銀行のみ無料
出金:無料
取扱い銘柄数1,030銘柄3,000銘柄以上
取引可能時間21時までリアル約定1日3回約定
投資信託の取り扱いありなし
IPO銘柄取扱いなしあり
NISA/つみたてNISA取扱いなし取扱いなし
キャンペーン・初株キャンペーン
・株のタイムセール
・アフタヌーンセール 等
なし
使いやすさ(見やすさ)決算検索が◎株主優待検索が◎
配当金/株主優待ありあり
ポイント投資LINEポイントTポイント
定期買付あり(投資信託)あり(個別株)
LINE証券がおすすめな人

・毎月の取引金額が10,000円未満

・メジャー企業の株が売買できればよい

・リアルタイムで取引したい

・セールやキャンペーンが好き

・おすすめの株を買いたい

・LINEポイントで投資したい

・投資信託にも興味あり

ネオモバがおすすめな人

・毎月の取引金額が10,000円以上

・住信SBI銀行の口座を開設済

・マイナー企業の株も売買したい

・IPO銘柄の取引がしたい

・株主優待が目的

・Tポイントで投資したい

・毎月定期購入したい

(参考記事)
LINE証券の始め方講座!貯金が一番だと思っているあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です