【コピペでOK】WordPressのSANGOでサイドウィジェットの間隔を変更する方法

みなさん、こんにちは!

あぶそ(@absorb123)です。

SANGOを使っていて、「サイドウィジェットの間隔が広いなー」と感じたことはありませんか?

今回はWordpressの有料テーマであるSANGOでサイドウィジェットの間隔をカスタマイズ(変更する)する方法について解説していきます。

あぶそ

今回はかなり簡単ですよ!

※この記事はSANGOの公認子テーマであるPORIPUを使っていない人に向けた手順となっています。

SANGOでカスタマイズを行うための事前準備

カスタマイズ前の事前確認

カスタマイズを行う際に気を付けなければいけないルールが2つあります。

①子テーマを修正する
②バックアップをとる

カスタマイズを行う前に必ずやっておくべきことはこれだけです。

↓詳細内容について以下のリンク先をご確認ください。↓

SANGO吹き出し【2020年版】SANGOで吹き出しの色をカスタマイズする方法

SANGOでサイドウィジェット間隔を修正する方法

【コピペでOK】サイドウィジェット間隔の修正

以下の内容をコピーしてスタイルシートへ貼り付けてください。

※ここから先は、必ず自己責任で実施お願いします。

ウィジェット 余白変更
/*ウィジェット 余白変更*/
.widget {
 margin: 0 0 1.0em !important;
}
補足説明
margin: 0 0 1.0em は外側余白の「上」、「左右」、「下」を指定しています。
今回の例でいくと、下の余白を1文字分空けるという指定になります。
※1emはfont-sizeプロパティを1とする大きさです。

あぶそ

たったこれだけで余白の修正が完了します!

変更前後のでの比較

変更前後でのサイドウィジェット間隔の違いは↑上図↑の通りです。

※クリックすると画像を拡大して表示できます。

どうでしょうか?明らかにAfterのほうが見やすくなっていると思いませんか?

はっきり言ってなぜ1.0emの間隔を標準仕様としないのか疑問が残るほどです。

 

短いですが、今回の記事は以上となります。

SANGOに関するカスタマイズ内容については合わせて以下の記事もご覧ください。

【2019年版】WordPress有料テーマのSANGOで初心者が実施したカスタマイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です