プログラミング未経験者がHTMLを勉強すべき3つの理由

こんにちは!

あぶそ(@absorb123)です!

本日はプログラミング未経験者が、まず最初にHTMLから学習を始めたほうがよいと思う理由について、私の考察を書いていきたいと思います。

結論

大きく以下の3つの理由があります。

①学習環境が用意しやすい

プログラミングというのは、必ず”コンパイル”という作業が発生します。

プログラミング言語を学習する場合、どうしても自分のパソコンに開発環境(コンパイル環境)を整備し、プログラムコード編集⇒コンパイル⇒エラー修正という一連の作業を繰り返し行う必要があります。

コンパイルってなに??

あぶこ

あぶそ

人間が書いたプログラムコードをコンピュータが処理できる形(プログラム)へ変換することだよ。

つまり、プログラミング言語を学習して、プログラムコードを記載したとしてもプログラムコードのままでは何も動作しないことになります。動作させる場合は必ずコンパイルを行い、コンピュータ上で処理ができる形(プログラム)に変換する必要があるのです。

それに対してHTMLはテキストエディタ―(メモ帳等)とブラウザ(IEやGoogleChrome等)があれば、自分でHTMLコードを作成し、ブラウザ上で動作を確認することができます。

HTMLはさっき出てきた”コンパイル”は必要ないのかしら?

あぶこ

あぶそ

HTMLはマークアップ言語といって厳密にはプログラミング言語ではないんだ。だからコンパイルは不要なんだよ。

テキストエディタ―とブラウザであれば、どのパソコンにも標準機能として搭載されていると思います。つまり、パソコンさえあれば意識して学習環境を整えなくても、すでに開発環境が整っている状態になります。

②覚えることが少ない

HTMLは”タグ”という命令を使うことで、文字の大きさを変えたり、段落を変えたり、画像を挿入したりすることができます。

このタグの種類が全部合わせても100個程度しかありません。さらにその中でよく使うタグはせいぜい30個程度になります。

プログラミング学習において初学者が挫折する多くの理由は、覚えることが多く覚えられないというものになります。

その点HTMLであれば、覚えることが少なく、初学者であっても挫折することが少ないとい言えます。

③稼ぎやすい

HTMLの仕事(案件)は、一般的には需要がかなり多く供給が追い付いていません。

例えば2019年6月25日(火)時点でクラウドワークスにて「HTML」というキーワードで募集中の案件のみを表示したところ、全体で232件の案件が存在しました。

 

また、比較検証するために、プログラミング言語の代表各である「java」をキーワードで検索をかけてみました。

すると仕事の依頼件数は45件の案件の募集がありました。

 

HTMLとjavaを比較したときに、HTMLの仕事の案件数はjavaのおよそ5倍の件数であることが分かりました。

このことからHTMLは世の中で需要が多く、稼ぎやすいということが分かると思います。

ポイント
これに加えて、これから5Gの復旧により動画コンテンツの需要が高まることが予想されます。その時に新たな動画サイトやWEBサービス等でHTML案件の需要がさらに加速することが予想されます。

HTMLの学習方法は?

ではそんなHTMLを効率的に学習するためにはどういった手順で学習すればよいのでしょうか。

①動画ベースでの学習

ドットインストールというサイトでHTMLに関する内容の動画を無料で学習することができます。

まずは「初めてのHTML(全15回)」の学習を行ってください。

全体が15回の動画になっており、1回の動画時間が3分程度なので、比較的手軽に学習することができます。

注意事項として、かならず手を動かすことを意識してください。結局、動画を見るだけでは、分かった気になるだけで実際のコーディング力は手を動かさない限り身に付きません。

動画で学習した内容をメモ帳や専用のエディターを利用して、自分の手でコーディングし、ブラウザ上で検証してみるということを行ってください。

また、HTML全15回の学習が完了したら、続けて「初めてのCSS(全17回)」も併せて受講してください。

なぜCSSも学習する必要があるの?

あぶこ

あぶそ

HTMLとCSSがセットでWEBページが構成されているため、同時に勉強することでより理解を深めることができるからだよ。

②WEBサイトでの学習

動画でHTMLとCSSの基本を理解することができたら、Progateというサイトでさらにその理解を深めてください。

Progateは無料版と有料版がありますが、無料版の場合初級編のみしか受講することができません。本気で学習したい方はぜひ有料版を受講してください。Progate有料版の価格は月980円です。決して高くはなくその価値は十分あると思います。

また、できればProgateの初級編から上級編までを2周してください。

ポイント
ProgateはHTMLやCSSだけでなく様々なプログラミング言語を学習することができます。有料版にして、是非興味のある言語を学習してください。

③模写~案件受注

②までで自分の実力が付いたと感じたら、ほかの人のWEBページを模写して作ってみるといいと思います。

サイト学習はあくまでスキルアップのための指導教材でしかありません。実際に自分の手でコーディングすることで初めて実力が付くといえるでしょう。

また、案件を受注するためには、クラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシングのサービスを利用すると案件が探しやすいです。

最初のうちはクラウドソーシングのサービスを利用して、低単価で案件を受注しとにかく実績を作るようにしましょう。慣れてきたらTwitter等のSNSへ仕事の募集をすると、これまでにない高単価で案件を受注することが可能になります。

ポイント
クラウドワークスやランサーズは単価が安い案件が多いので注意が必要です。初めのうちは、あくまでスキルアップを主な目的としてクラウドソーシングサービスを利用する心構えが重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です